人気のビアスタイル『IPA』って⁉


予めクラフトビールの初心者向けに記事を書いていますので、
クラフトビールについて存じている方からすると
「そんな事は知っている!」と思いますがお付き合いください。

 

 

クラフトビールの需要が伸びたキッカケでもあるビアスタイルの『IPA』

 

 

知らない人が見ると「イパ」と読んでしまいますが

 

『IPA』「インディア・ペール・エール」

の略です。

「アイピーエー」と呼ばれています。

 

どんなビアスタイルなのか⁉

 

簡単に説明すると

・ペールエールに比べるとホップ系の苦味が強い

・使われているホップの香りがペールエールに比べて強い(グレープフルーツ・シトラスなど)

 

 

こんな感じです。

 

 

『IPA』というビアスタイルが誕生したのは

インドがイギリスの植民地だった(リーファーコンテナなど輸送技術が発達していない)時代に

イギリス~インドまでの船旅(運搬)にペールエールだと到着するまでに腐敗していたので

美味しいビールを届ける事が出来なかったため、船旅に耐えるビールを作ったのが始まりです。

ホップに腐敗効果があるため大量に使用した

*「ホップ 腐敗防止効果」でGoogle検索すると詳細に出てきます。

 

 

という由来の話を聞く事があります。

 

細かい話になりますが

現在のビアスタイルで人気の『IPA』とは違います。

 

 

えっ‼

 

 

どういう事⁉と思われるかと思いますけど

 

 

今の話は、『IPA』の中でも「イングリッシュスタイルIPA」の話です。

「イングリッシュスタイルIPA」を日本で飲める場所あるのか・・・・

聞いた事ないですね。

 

現在、人気があるIPAは「アメリカンスタイルIPA」です。

 

何が違うの!?と思いますが

 

使用しているホップの産地です。

 

アメリカ産のホップを中心に使用しているのが「アメリカンスタイルIPA」です。

 

英国産ホップを使っているのが「イングリッシュスタイルIPAか!?」と言われると別話になりますが。

 

クラフトビールブームの火をつけたと言っても過言ではない

『PUNK IPA』(ブリュードック/スコットランド)

これも「アメリカンスタイルIPA」です。

 

飲んだ事がない方は一度飲んでみて下さいね!

 

以上が『IPA』のご紹介でした。

手に入りやすいオススメのIPAを紹介します。

・『PUNKIPA』 BrewDog スコットランド(Amazonでも買えます)

・『HADOKEN』Tiny Revel 上べルス(GoodBeerで購入可能です)

・『インドの青鬼』ヤホーブルーイング 長野県 (ローソンで買えます!)

・『YOKOHAMA XPA』サンクトガーレン 神奈川県(関東なら樽生で飲める店もあります)

・『Tower 10』KARL STRAUSS アメリカ(ナガノトレーディング)

・『WEST COAST IPA』Green Flash アメリカ(ナガノトレーディング)

・『Golden Monkey』Victory Brewing アメリカ(AQレボリューション)

 

これはホンの一部の紹介になります。

美味しい銘柄はその他にも沢山ありますので

色々と楽しみましょう!

 

次回は「IBU」についてお話しをしていきます!

 

 

こちらの記事が良かったら

ブックマークや

Twitterのフォロー・Facebookページの「イイね」お願いします!

今後動画もUPしていきますので、チャンネル登録お願いします。

FBページ(Nobu Channel)

Twitter(Nobu Channel)

Instagram (Nobu Channe59l)

YouTube(Nobu Channel)