クラフトビールって何だ?(初心者向け)


 

クラフトビールの情報を中心としたサイトなのに
しばらくビールのネタの更新してなかったNobuです。
ごめんなさいね。

 

インフルエンザになった後に胃潰瘍という状況でビールが全く飲めてなかったのでw

 

本日は、初心者向けに「クラフトビール」って何?という話題からお話しをします。

 

クラフトビールの話をする前に

私はベルギービール・プロフェッショナルマスター(第三期:一般講師)という
ビール講師の資格を持っています。
日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 リンク貼っています

クラフトビール好きが高じて、ベルギービールの深さや食文化にハマり資格を取りました。

 

ご興味のある方は「日本ベルギービール・プロフェッショナル協会」に検索してみてください。
クラフトビールにご興味のある方は「ベルギービール・アドバイザー」の資格をご検討してみてください。
ビールライフがさらに楽しめますよ。

東京・大阪・名古屋で開催されていますので‼

 

 

話を戻します。

 

「クラフトビール」って何ぞや!?

 

実は「正解」ってありません。

何故か?

 

各ビール専門家の方によって定義が変わってきますので
一般的な理論+持論も含めた説明をしますので、

 

一般的な理論

簡単にいうと、大手企業を除く、小さな醸造所(マイクロブルワリー)で製造されているビールです。

・小規模である

・独立している

・伝統的である

の3つの条件が満たしているということになっています。

もっと分かりやすく説明すると、「ご当地の地ビール」です。
「小規模」の条件は年間600万バレル(70万キロリットル)までとされています。

 

 

NobuBlog(サイト)及びNobu Channel(YouTubeチャンネル)では

「海外ビール」・「日本の地ビール」の事も「クラフトビール」として扱います。

大手ビールとクラフトビールって何が違うの?という疑問を持つ方はいますが

 

個性的がハッキリと出ているのがクラフトビールの魅力です。

 

大手ビールメーカーが主流であるビアスタイルの「ピルスナー」は、
世界の7割ほど消費されているビアスタイルです。
皆さんが飲んでいる「ビール(ピルスナーorラガー)」は
世界に106種類あるビアスタイルの1~2つしか飲んでないです。

 

『ビアスタイル』という専門用語が出ましたがビールの種類です。
「ペールエール」や「ラガー」など106種類あります。
「ビールの種類?」「ビールはビールでしょ?」と思った方いますが

 

「焼酎」を飲む時に一部の地域を除いて「焼酎」で注文しませんよね?
「米焼酎」「麦焼酎」「芋焼酎」から選びますよね?
それと同じ事です。

 

「ビール」も種類があります。

 

簡単に特徴をビアスタイルの特徴として

香り・コク・旨味を楽しむ⇒「ペールエール」「IPA」「バーレーワイン」など・・・上面発酵

喉ゴシやスッキリしたもの⇒大手主流の「ピルスナー」「ラガー」・・・下面発酵

今ではローソンでもクラフトビールが気軽に買える時代になっていますので

挑戦してみてください。

ヤホーブルーイング (長野県)

「よなよなエール」「インドの青鬼」「水曜日のネコ」「東京ブラック」など

↑近くに買える場所がない方はこちらをクリック(リンク貼っています)

 

 

今回は「クラフトビールとは?」と「ビアスタイル」についてお話しをしました。

こちらの記事が良かったら

ブックマークや

Twitterのフォロー・Facebookページの「イイね」お願いします!

今後動画もUPしていきますので、チャンネル登録お願いします。

FBページ(Nobu Channel)

Twitter(Nobu Channel)

Instagram (Nobu Channe59l)

YouTube(Nobu Channel)